東和サーキット株式会社 CSR基準

CSR (Corporate Sosial Responsibility): 企業の社会的責任

基本理念

近年、社会の持続的な発展のために企業が求められる役割と責任は企業規模の大小を問わず確実に高まっています。

東和サーキット株式会社はそのような社会的要請に真摯に向き合い、事業活動を通じて社会に貢献できる事を企業理念とすべくCSR基準を制定し、 企業活動のすべてにおいての基準とし、また社員ひとりひとりがCSRをしっかりと認識するための日々の行動指針といたします。

基本方針

東和サーキット株式会社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題のひとつであることを認識し、 健康・安全・快適で持続可能な社会造りに寄与すべく全組織を挙げて環境負荷の低減に努力します。


方針

  1. 法令・社会規範の順守
    常に社会の一員であることを認識し、企業の社会的責任を果たすために法令・社会規範を順守し、健全で公正な企業活動を行います。

  2. 環境保全・製品安全
    地球環境に配慮し環境保全活動を推進するために環境マネジメントシステムを構築・運用し、環境保全への取り組み状況を定期的に開示して参ります。

  3. 人権の尊重と良好な職場環境作り
    当社はすべての従業員に対し労働基準法及び関連する法令を順守し、不当な差別を行わず、安全・健康で良好な労働環境を整備するように努めます。

  4. 情報セキュリティ
    コンピューターネットワーク上の脅威に対する防御、および顧客・第三者・自社従業員の情報管理を適切に講じて、個人情報・機密情報の保護と漏洩防止に努めます。

2008年10月21日
東和サーキット株式会社
代表取締役社長 大石 雅昭